反改憲ネット21やその他憲法関連団体の今後の活動予定です



トーク&ディスカッション
 改憲論の現在と国民投票法の問題点

 ・と き:6月12日(日)
      13:30−16:30(開場13:00)
 ・ところ:中野区勤労福祉会館3F大会議室

 ・プログラム:
   ・トーク 飯島滋明さん(工学院大学講師)
   ・ディスカッション

 ・資料代:500円
 ・主 催:憲法擁護・非核平和を進める中野区民の会
      イラク派兵違憲訴訟の会・東京
      日本国憲法をくらしに生かす会
      民主主義と平和憲法を守る文教連絡会
      改憲とあらゆる戦争法に反対する市民ネットワーク21

 新進気鋭の憲法研究者・飯島さんからの問題提起を受け、会場全体で大いに議論を深めたいと思います。


9・10 講演会 「なだいなだ〜ぼくと平和憲法」
 ・と き:9月10日(土)   18:20開演(開場18:00)
 ・ところ:ミューザ川崎シンフォニーホール 4F 「市民交流室」 
      (JR川崎駅から徒歩3分、京浜急行川崎駅から徒歩8分)
 ・定 員:150名
 ・会 費:1,000円
 ・プログラム:
   6:20 ピアノ演奏 (池邊幸恵さん、ピアニスト)
   6:40 コント「小泉総理、解散を語る」(ザ・ニュースペーパー)
   7:00 講演「ぼくと平和憲法」(なだいなださん、作家・精神科医)
   8:00 休憩
   8:10 ピアノ演奏 (池邊幸恵さん、ピアニスト)
   8:30 Q&Aとメッセージ紹介
   9:00 終演
 ・申込み方法: メール、はがき、電話、ファックスいずれでも可。氏名を連絡下さい。
          当日会場入り口で会費と引き換えに入場券をお渡しします。
 ・申込み先: 護憲+ <メールアドレス>  rojinto_goken@mail.goo.ne.jp
         または、下記の「民主主義の会」宛て。
          民主主義の会 メール:movement@me.scn-net.ne.jp
                   FAX:0463-31-9129
  申込み期限:定員になり次第締め切ります

 ・主 催:老人党・護憲+

表現者はリレーする
 いま、語り 描き 写し 歌い 舞うとき
 自衛隊のイラク撤退・戦争への道をひらく改憲をゆるさない…

 ・と き:9月10日(土)
      15:00〜17:00
 ・ところ:文京区立不忍通りふれあい館
      (東京メトロ千代田線「根津駅」下車徒歩2分)
 ・出 演:うすいゆうこ、きくちゆみ、佐藤好美、島袋陽子、ジャッキー・ジョブ
      新劇人会議、憲法9条にノーベル賞を!の会、高柳美智子、
      崔善愛、皆川万葉、横井久美子、渡辺一枝
 ・参加費:1000円(学生500円)
 ・主 催:自衛隊のイラク派兵反対 声をあげよう女の会
      090−9964−2616



9・10リレートーク反戦集会
 自衛隊をイラクから撤退させよう、あきらめるものか

 ・と き:9月10日(土)
      18:00〜
 ・ところ:渋谷区勤労福祉会館2階第1洋室
      (渋谷駅徒歩7分公園通りパルコ向かい)
 ・発 言:國弘正雄、高坂和彦、信田正道、重信メイ、渡辺修孝
 ・主 催:実行委員会(03−3739−1368)
 ・協 賛:週刊金曜日



神田香織の立体講談
 「はだしのゲン」

 ・と き:9月16日(金)
      18:30〜
 ・ところ:さいたま市民会館おおみや小ホール
 ・問い合わせ:048−824−14268原爆絵画展埼玉実行委員会)


KIT例会―靖国神社を知るためのビデオ上映
 ・と き:9月18日(日)
      13:00〜16:00
 ・ところ:上十条ふれあい館
      (JR十条駅から姥ヶ橋方向へ8分左折)
 ・プログラム:
   @13:00〜14:15 ビデオドキュメント『まだ軍服を着せますか?』
              (1989.1.7クランク・アップ。浄土真宗の立場から、
               靖国神社法案の本質を明かすドキュメント)
   A14:30〜15:10 「靖国を糾す! ビデオ版」
              (2004.9.13「小泉首相・石原都知事靖国参拝違
               憲訴訟」東京地裁での吉田裕証人口頭弁論
               部分をビデオ化。靖国神社・遊就館ツァー)

JVJA写真展開催!
 集英社新書出版記念
 写真展「フォトジャーナリスト13人の眼」

 ・と き:9月20日(火)〜27日(火)
      11:00〜20:00 期間中無休
      ※ 27日(最終日)は16:00まで
 ・ところ:キッド・アイラック・アート・ホール
 ・【出展者紹介】
     ・広河隆一 「フォトジャーナリストとして生きる」
     ・古居みずえ 「追われるパレスチナ難民」
     ・土井敏邦 「圧殺される小さき声を拾って」
     ・山本宗補 「マイノリティーの視線で見る」
     ・桃井和馬 「『グラウンド・ゼロ』後の憂鬱」
     ・林 克明 「閉ざされた声を聞く」
     ・森住 卓 「今を伝えたくてーイラクから沖縄へ」
     ・豊田直巳 「虚構に彩られる戦争のなかで」
     ・小林正典 「命をみつめて」
     ・佐藤文則 「ハイチ 繰り返される悲劇」
     ・綿井健陽 「九・一一同時多発テロ事件を追悼する前に…」
     ・亀山 亮 「戦争、悲劇の連鎖」
     ・大石芳野 「人間と認めないのか」
     ・八重樫信之 「ハンセン病元患者たち」

 心情を詩に刻むパレスチナ人少女の中に、津波被害によってひとりぼっちになった少年の中に、あるいは人間に怯え赤い涙をながすアフリカ象の中に、声にならない叫びに耳を澄ましフォトジャーナリストたちは何を伝えようとしているのか。
 展示数100点におよぶ写真の数々と願いをこめた言葉で世界のいまを伝える。

 ・【同時開催JVJAトークショー】
     ・参加費 1000円 / 予約先着順・定員 40名
     ・9月22日 (木)  18:30 〜 綿井健陽
        23日 (金)  18:00 〜 古居みずえ
        24日 (土)  18:00 〜 豊田直巳/桃井和馬
        25日 (日)  14:00 〜 JVJA特別トークショー 
                       「ビジュアル・ジャーナリズム論」
                       〜写真と映像で何を伝えるのか?〜
               参加予定者 古居みずえ/山本宗補/佐藤文則   
                       /豊田直巳/桃井和馬/林克明/綿井健陽
                同日18:00より出版記念パーティーも開催

 劣化ウラン弾の異常値が認められた米軍帰還兵、果たしてサマワの自衛隊は?パレスチナ・ガザ撤退から地球環境まで、現地からの声をJVJAジャーナリストたちが伝えます。
 ・主 催:日本ビジュアル・ジャーナリスト協会(JVJA)
 ・後 援:集英社新書編集部
 ・協 力:写真弘社
  〈予約・問合せ〉
  ・日本ビジュアル・ジャーナリスト協会
   東京都千代田区神田淡路町1-21 静和ビル2F
   TEL 090-6101-6113  FAX 03-3252-7651
   E-mail : infojvja@yahoo.co.jp
  ・キッド・アイラック・アート・ホール
    東京都世田谷区松原2-43-11
   (京王線「明大前」駅改札右徒歩2分)
   TEL 03-3322-5564

今こそ9条を世界へ!
  GPPAC世界会議とこれから
  GPPAC世界提言を今後どう活かすのか

 ・と き:9月21日(水)
      19:00〜(開場18:30)
 ・ところ: 豊島区民センター・視聴覚室
      (JR山手線、埼京線、池袋駅
       東京メトロ地下鉄丸の内線、有楽町線、池袋駅
       池袋駅東口より徒歩5分)
 ・プログラム:
   ・GPPAC世界会議報告(ビデオ上映あり) 
   ・パネルディスカッション「GPPACの意義と今後の課題」
   ・GPPAC今後の取り組み
    君島東彦(立命館大学 非暴力平和隊)
    チョン・ギョンラン(平和を創る女性の会、ソウル)
    松井ケティ
    (清泉女子大学 日本ハーグ平和アピール平和教育地球キャンペーン)
    吉岡達也(ピースボート)
   ・グローバル9条キャンペーン報告…笹本潤(日本国際法律家協会)
   ・国連サミット報告…川崎哲(ピースボート)

 ・お問い合わせ…GPPAC JAPAN
    TEL: 03-3363-7561
    FAX: 03−3363−7562
    E-mail:gppac@peaceboat.gr.jp
    ピースボート内(担当:松村、吉岡)
 去る7月19日〜21日、GPPAC(ジーパック=武力紛争予防のためのグローバル・パートナーシップ) 世界会議が、ニューヨーク国連本部にて開かれました。 世界15の「地域提言」を集約した紛争予防 のための「世界提言」が国連事務総長に提出され、その実現を目指したワークショップやパネルディ
スカッションが多数行われました。世界提言の中では、日本の憲法9条が「アジア太平洋の安全保障 の土台」として取り上げられ、注目されました。
 東北アジアの幅広いNGO(東京、ソウル、北京、上海、台湾、香港、ウラジオストック、ウランバ ートル)からなるGPPAC東北アジアのネットワークは、今後も継続して協力を強めていくことに合意
しました。
 この世界会議を受けて、日本の市民がどのように動いていくべきか、今後の展望について語り合います。


9・25 東京大空襲・戦災資料センターフィールドツアー
      「歩く・みる・考える・東京大空襲」

 ・と き:9月25日(日)
      13:00〜16:00
 ・ところ:東京大空襲・戦災資料センター
       03−5857−5631 
      12:00〜16:00開館(月・火 休館) http://www9.ocn.ne.jp/~sensai/ ・集 合:12時45分(時間厳守)資料センター正面入り口   
     交通:JR秋葉原駅電気街出口
         都バス葛西橋行き、北砂1丁目下車
        (清洲橋通り岩井橋の東詰交差点、岩井橋整形外科の隣)
     ※その他の交通アクセスは直接センターにお問い合わせください。
     ※地図: http://www9.ocn.ne.jp/~sensai/2003Map.doc ・参加費:大人1000円 中高生800円
       (資料センター入館料、戦跡マップ、橋本さんへの謝礼込み)
     ※予約不要。直接資料センターにお越しください。
 ・内 容
    ・
1945年3月10日の東京大空襲は、後の広島・長崎への原爆投下に次ぐ史上空前の住民被害をもたらした。米軍のB29戦闘     爆撃機による、住民の寝込みを襲った、深夜の2時間30分におよぶ無差別空爆で、一夜にして推定10万人余の都民の生命、財産が奪われました。
    ・この東京大空襲の実態を資料センター見学で学びます。ビデオ鑑賞の後、今回は、この空襲により3人のご家族を亡くされた橋本代志子さんに、84歳のご高齢をおして、ご自身の体験を語っていただきます。
    ・なお、当日お時間のある方はごいっしょに資料館周辺を散策し、被災者遺族によって祀られた慰霊スポットを散策しましょう。

 ・主 催:沖縄平和ネットワーク首都圏の会
      連絡先:〒101-0064 東京都千代田区猿楽町2-1-8
       03-3295-3415(高文研・山本)
       HP http://okinawaheiwa.net/metro/ E-mail metro@okinawaheiwa.net

イラク占領やめよ 戦行くな自衛隊
 派兵再延長をゆるさない9・29集会(仮称)

 ・と き:9月29日(木)
      18:30〜(開場18:00)
 ・ところ:文京区民センター3A
 ・プログラム(予定):
   ・講演、最新のイラク報告、イラク派兵違憲訴訟の報告、他
 ・主 催:9・29集会準備会
 ・問い合わせ先:イラク派兵違憲訴訟の会・東京
           TEL/FAX 03−3368−1718

お問い合わせ
e-mail:hkn21@jt4.so-net.ne.jp
◆Copy-right hankaikennet21 All Right Reserved.◆ 掲載記事・画像の無断転載を禁じます。