植田至紀さん(社民党衆議院議員)より集会に寄せられたメッセージ



イラク派兵・有事法制の実施を許さない9・20大集会メッセージ 「イラク派兵・有事法制の実施を許さない9・20大集会」にお集まりの皆さまへ、連帯のご挨拶を申し上げます。また、日頃から世界平和の実現に向け、精力的に活動なさっている皆さまに心から敬意を表します。

 私たち平和を希求する者は、これまでずっと暴力の連鎖を止めようと叫んできました。しかし、同時多発テロから2年が経ち、平和を願う声が世界で高まる一方、アメリカは国際世論に耳を傾けず、イラク攻撃にふみきりました。アメリカ追従の日本政府は、有事法制やイラク特措法を成立させ、今度の臨時国会では自衛隊派兵法成立をもくろんでいます。小泉政府は戦争への道を突き進もうとしているとしか言いようがありません。

 私はこれからも、武力の行使を永遠に放棄した日本国憲法を誇りとし、真に平和・平等な世界を創るため、全力を尽くす決意です。共にがんばっていきましょう。

 本集会が意義あるものとなることを心から願い、お集まりの皆さまのご健勝・ご多幸を祈念申し上げ、連帯のメッセージとさせていただきます。

 


 2003年9月20日   衆議院議員 植田むねのり

◆Copy-right hankaikennet21 All Right Reserved.◆掲載記事・画像の無断転載を禁じます。