ここに掲載する詩は、「戦争に反対する詩人の会」の詩集から、作者のご厚意で掲載させていただくことになりました。今後も定期的に掲載する予定です。
 
「約 束」 
        篠原 中子さん

夫を亡くし二人の息子を育てた             

アメリカと戦争が始まった時

上の息子は22歳 優秀で優しい子だ

間もなく召集 中国の奥地で戦死した

まさかあの子がこんなに早く

下の息子は私を助けて働いてくれた

 

兄の戦死の後下の息子に召集令状が来た

僕がいないとお母さんはたった一人だ

僕は必ず帰って来る

歩いてでも海を泳いでも帰る

どんな事をしてもお母さんの所へ帰る

だからお母さん元気で待っていて

お母さんは大丈夫 必ず帰ってね

約束だ 約束

 

 

 

 

 

息子の乗った船は魚雷で沈没した

船底にいたあの子は粉々になった

必ず帰ると約束したのに

歩いても泳いでも戻るんじゃなかったの

戦をする前に魚の餌になった

それでも英霊であり神だという

死なねばならなかった可哀想なお前たち

一人になってしまった不幸な私

戻りたかった家は戦災で消えた

 

息子二人の遺髪と爪を入れた鞄は

あの日ひったくられた

失って失って失っていく

戦争は総てを消し去る

息子二人を記憶しているのは私だけ

靖国ではない

戦争の悲しみは記憶されない

 

◆Copy-right hankaikennet21 All Right Reserved.◆掲載記事・画像の無断転載を禁じます。